自動車免許を取得するためには公安委員会が指定した運転技能を身につける必要があります。
その技能を練習するのが自動車学校ですが、通学する以外に合宿免許による過程があります。



合宿免許の特徴ですが、卒業検定までの時間が短いです。通常の教習だと二ヶ月程度かかります。

しかし合宿免許の場合だと集中して行うので2週間程度で卒業検定までいく事が出来ます。

料金ですが、通常の教習だと20万円程度かかりますが、合宿免許の場合だと15万円程度で済む場合がほとんどです。



教習内容がクリア出来なかった場合には追加の教習となりますが、通常の場合だと追加料金がかかります。しかし合宿による教習コースを選んでいると追加料金がかからないのでお得です。

支払い方法ですが、クレジットカードにも対応しています。
合宿免許の場合にはホテルや旅館が宿泊場所となります。
食事はホテルの食事を食べるので、絶品料理を楽しむことが出来ます。


追加料金を支払えばアルコール夜間限定で楽しむことも可能です。


卒業検定が近くなると記念パーティーが開かれる時もあります。
その際には学生だけでなく教習官とも楽しく交流する事が出来ます。

ホテルの近くには観光地や温泉がありますが、土日祝日や夜間だと教習が休みになるので、観光や温泉巡りを楽しむことが出来ます。



自動車学校にもよりますが、温泉入浴券や観光地の割引入場券がプレゼントされる場合があり、お得な価格で夜間や土日祝日を楽しむことができます。